ブログ

TOP > ブログ

ブログ

SEO対策における3つの分類


今回は、SEO対策における3つの分類についてお伝えします。

一口にSEO対策と言っても、内容は多岐に渡ります。
「SEO対策って難しい!」と感じさせてしまう原因はここにあるのです。

以下の分類を知っておくと、SEO対策についての知識が
整理されるはずです。

その分類とは、内部対策、コンテンツ対策、外部対策の3つです。


1.内部対策とは
内部対策は、Googleにホームページの情報をきちんと伝え、
ユーザーに見せるだけの価値があるサイトだとGoogleに評価してもらうための施策です。
タイトルタグの設定、表示速度の向上などが内部対策に該当します。

内部対策をしなければ、ホームページをGoogleに適切に評価してもらうことができません。

そのため、たとえホームページの内容がどんなに素晴らしかったとしても、
内部対策は必須です。


2.コンテンツ対策とは
ユーザーが求めているコンテンツをホームページに掲載する対策です。
内部対策を行ったあとは、コンテンツの評価を上げていくことがポイントです。

ユーザーのためになるコンテンツを追加していくことで、
Googleのロボットによる評価が高まったり、
ユーザーがSNSなどでシェアすることで、SEO対策となるのです。

コンテンツ対策が成功したホームページは、ユーザーのリピート率も高くなります。


3.外部対策とは
外部対策とは、良質な被リンクを獲得することです。

以前は被リンクが低品質であっても、数さえ多ければSEO対策になりました。
現在は質の低い被リンクを獲得することはおすすめできません。

ユーザーが求めている情報を分かりやすくホームページに掲載する、
といった工夫を行い、
他のサイトから紹介を獲得することで、良質な被リンクを得ることが可能です。


ここまで読んでいただいてお気づきかもしれませんが、
現在のSEO対策では「検索ユーザー=患者様」にいかに喜んでもらえるホームページが作れるか、
という観点が不可欠です。

SEO対策を行う際は、上記の分類を踏まえ、
「患者様が求めている情報はなにか?」
「求めている情報をちゃんと伝えられているか?」
といった視点を持たれると更に素晴らしいホームページになるはずです!

月別アーカイブ